calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

,

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.01.13 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    年明け初

    1
     
    伊勢丹に寄ってみました。

    昨年暮れに、京王プラザホテルでの先行セールのお知らせのハガキをもらっていたのですが、丁度実家に帰っていたため、行けずじまい・・
    年明けでは、今日が初ということになります。

    もうKris Van Asscheの2012ssが入荷してました。
    民俗風の柄のパンツや、ジャージーのジャケット、ストライプの袖捲りシャツとか。
    ストライプのシャツの柄は06AWの時にリリースされていたそれに似てました笑
    当時高校生だったので、懐かしくなってしまった。
    あとは、秋冬と同じ型のカーゴパンツがあったり、上から黒い生地を被せたシャツなど、前のシーズンの焼き直しみたいなアイテムも多かった印象。

    ただ僕個人の感想としては、昨年の春夏の方が好きなテイストだったので、あまり欲しいと思えるものはありませんでした。

    セール品も、思いの外、サイズと色が残ってました。
    タラリスのジャケットが殆ど残ってたのが意外。
    クリスも案外残ってました。半額くらいが多かったかなぁ

    マフラーとニットを今更買い足そうかと探していたのですが、流石にもうないですね笑
    結局何も買わずに帰りました。。

    帰りにバーニーズにも足を運んでみました。
    こっちにも目当てのものは、無かった。
    というよりも、あっても自分の参照価格より高いので購入には至らず。

    冬のセールは、アウターやニットは結構売れてしまうけれど、ジャケットやシャツとかの
    少し軽めの衣料は、割と残る傾向がある感じですね。
    ブランドの人気度によっても変わるかもしれないですけど。

    結局この日は、紀伊国屋に寄って、本を買って帰宅。
    近藤光男先生の、「会社法の仕組み」です。
    ざっと目を通した印象ですが、制度と趣旨の記述のバランスが取れてて、大変分かり易い!
    下手な資格予備校のテキストよりも、こっちの方が良いのではないかというくらいでした。

    話が横にそれましたが、今日はこの辺で/




    上海

    0


      上海に行ってきました。
      上の写真は市内の南京西路を横に外れた時に撮ったものです。南京西路は日本で言う表参道、銀座にあたる通りですが、ちょっと場所を移せばこんな感じです。

      自分にとって初めての中国であり、実際の現地の雰囲気と、自分の中での中国のイメージ(先入観も含め)との落差や一致を見る事ができました

      まずは落差から
      ・自動車の交通マナーが想像以上にカオスで、ここまで無秩序だとは思いませんでした。
      青信号で歩行者が歩いていても、カーブしようとしている大型バスやタクシーが突っ込んできます。
      横断歩道自体が長いので、余計に怖い。
      高速でも車線無視しての追い越しは当たり前という感じ。

      ・万博会場の自販機でペットボトルの緑茶を買ったんですが、うっかりして落としてしまったんですね。
      そうしたらペットボトルが割れて中身が出る始末。ここまで粗い造りだと流石に何も言えません。
      ちょっと飲んでみましたが、なぜか緑茶は甘い味でした。

      ・公安のパトカーやタクシーは全てVWのサンタナ3000。サンタナ自体日本ではあまり見ないし、どれも走りこまれた感じがあって新鮮でした。
      市内では日本車は少なく、VWの比率が最も多かった気がします。南京西路のような外銀や外資系アパレル店のある場所はカイエンやBMW、audiが多いです。

      ・空気はあまり良くないです。スモッグが立ち込めている感じの空で、晴れでも日差しが強いとかは無く曇りかつ若干の日差しがある、という感じです。
      ホテルに帰って、スニーカーを拭くと煤が付いてました。

      ・万博会場は中国国内からの観光客がかなり多いです。もっと中国国外からの観光客が多いと思っていたのですが、実際は大分違いました。各パビリオンも3時間から5時間待ちは当たり前という感じで、フェリーですら3時間待ち。

      ・地下鉄が主な移動手段でしたが、日本と全く同じ感覚で利用できます。ただ1つ違うのは座席にクッションは無く固いプラスチックということ位です。切符は定額制で隣の駅でも、ある程度離れている駅でも3元払って乗る、という感じでした。

      ・英語はホテルの受付の人を除き、全く通じません。これが一番厄介でした。。diorのドアマンも中国語しかダメなようで。

      現地のdior hommeにも行ってみました。
      南京西路にある恒隆広場という、ハイブランドのみがテナントのデパートの一階にあります。

      お店の入口はこんな感じです↓

      行ったのは平日ですが、50歳くらいの男性が財布を店員と共に物色してました。
      斜めzipのウールブルゾン、ハイネックウールブルゾン、ニットパーカ、スーツ、ジャケット、デニム各種といった物が目につきました。
      現地の顧客に売れて完売している物もあるかもしれませんが、全体に無難なアイテムが多かったです。
      割と店内は狭かった気がします。
      他にはtom fordの路面店があったり、恒隆広場内にフェレやゴルチエの直営店がありました。
      ファストファッション系ではZARAが最も多く、客も圧倒的に多い。外灘近辺にも店舗があります。09awのdiorhommeのラップコートの完コピ商品もあり、若干驚きました。

      南京西路を少し行くと、静安寺駅があり、近くに久光百貨というデパートがあります。ここのスーパーでは茶菓子は日本の物がかなり多かったのが印象的。惣菜も日本ハムが出しているものだったり、パン屋は山崎製パンなど日本の物がとにかく多かった。
      価格については、買ってみた物のうち、キリンの午後ティーが14元、クランチピーナッツチョコが22元であり、現地でのミネラルウォーターの価格が3元、坦々麺が12元だという事を考えると、かなり割高。
      ただし、安心感を求めて物を買うなら、この価格差も頷けます。

      南京西路とは対照的に淮海中路という所は更にゴチャゴチャしてます。
      偽ブランド物(だと思われる)サングラスや胡散臭い雑貨を売っている露天商も駅前(陝西南路駅)に多くいました。
      しかし彼らも公安の車が来ると蜘蛛の子を散らすように逃げていき、僕がその日に再び駅前に来た時は跡形もないという感じです。
      デパートでもLVやgucciのコピーのような婦人用バッグが沢山あり、かなり売れているようでした。

      大まかな感想としては、
      一般の人の消費感覚は日本人と変わらないのではないかという事。
      現地の高級品は日本と同じか、それ以上に敷居が高い気がしたので、自由な雰囲気で消費できる日本に中国人が来て買い物するのは至極もっともだと思います。
      あとは、上海は大都市だが、都市としての厚みが東京に比べて薄い気がした。というのもメインストリートをちょっと外れると崩れかかっているようなコンクリートの壁や、衛生的とは言えない環境になっているので。
      但し、このような場所は取り壊されて、再開発されている所もありこれから更に変わるのだろうな、と思いました。
      また、何となくですが底知れぬパワーは感じました。これからもっと伸びるという意気込みというか勢いでしょうか。


      また長くなりましたがこの辺で失礼します

      ・更新・

      0
         お久しぶりです。
        更新します。

        今までは色々と忙しく余裕が無かったのですが、今日は休息日ということで久々の更新となります。

        最近は好みの物がだいぶ変わってきて、ミリタリーやアメカジはやっぱり格好良いなあ、と思います。

        個人的な好みですが、raf simonsも今期はミリタリーの要素が強くて、やはり素晴らしいと思います。
        07ssのボックスシルエットのテーラードの型をベースに、ウエストベルトや、アームやバックの素材の切り替えを施したブルゾンだったり、多重ジップのボンバーブルゾンだったりとか。
        でも、日常で着るには大分奇抜な気がしますが。。。
        あとはmartin margielaのボンバーレザーjktだったり。
        これも映画に出てきそうなというか、無骨だけど柔らかい雰囲気で素晴らしかった。

        nicolas andreas taralisも10-11awから遂にランウェイを再開したようですが、期待はずれ。
        相変わらず黒だけだし、暗すぎる
        古臭い感じは否めないという感じ。

        なんだかんだで、普段の行動パターンとかを考えると、やっぱり着心地の良さであったり、着ていて窮屈さを感じないもの、普遍的なデザインなものを選んでいる感じです。
        ということで、最近はbalenciagaのGジャンを購入しました。
        着易さ重視です。



        あと最近変わったことと言えば、移動中に音楽を聴かなくなったことですかね。
        以前はよくipod等で聴いていましたが、音質も決して良いというわけではないし、難聴になるリスクもあるし、止めてみました。
        これを始めると、最初は違和感というか、手持無沙汰な感じが否めなかったのですが、慣れると普通です。
        むしろ無駄に疲れが減って良い効果がある気がします。


        ジャンルを問わず雑誌も最近読んでないです。
        fashion雑誌は洋服のカタログのようなものだし、内容も大したことは書いていないものが多い。
        しかもインターネットで殆どの情報はカバーできるので、実際に定期的に購買している人は限られているのではないか、と思うようになりました。


        経済誌等も記事1つ1つがぶつ切りなものが多いと思う。
        あるトピックを特集しているものはそれなりに体系的かつ網羅的にまとまっていますが、新聞は紙面を広げればバランス良く種々の情報があり、記事の面積などで重要性に応じて情報を把握できるので、その点かなり優れているなあ、と思います。
        なにより頭に残りやすい。
        新聞はメディアとして生き残るんだろうなあ、と感じます。



        あとは過度な暗記や詰め込みは良くないですね、やっぱり。
        最低限の暗記は不可欠だと思いますけど、物事を理屈付けて理解するっていうのは本当に大事だな、というのを今更ながら実感しました。。

        最近は世の中の仕組みが本当に複雑になっているし、正直言ってよく分からない事の方が多いです。
        リーマンショックもABSみたいな証券が引き起こした訳ですが、こういうデリバティブを作っているのは相当頭の切れる数学者や金融工学のプロな訳ですよね。。
        彼らの行っていることをしっかり理解するのは常人には酷な物がありますが、実際の取引は理解することができると思います。
        過剰な期待が寄せられる儲け話に乗っかって、取引上のリスクを解さずに手を出すことほど危険なことはないんだろうか。
        投資家に限らず一般の人も、実際は何が行われているのか考え理解することが重要な時代なのかなー
        それを踏まえて、道具として使うと良い結果になるかと。


        久しぶりなので、長々と書いてしまいましたが、また暫く更新しないと思います^^;
        では、また。

        。。。

        0
          お久しぶりです(*_*)

           やっと大学の試験が終わりました。。
          一息ついたという感じですかね(゜゜)

          これから夏休みというわけですが、、
          ダブルスクールの関係もあってこれから当分(1年半くらいかなー)
          勉強漬けて感じですね

          まあ明確な目標があればその過程は苦ではなく、むしろ結果を出せるかどうかかが問題なので

          とにかくやるべき事をやる!

          です。

          まあfashionとかも最近は昔のルーチンみたいな感じで、
          テキトーです。

          外出してもすぐに自習できるstyle!がメイン化しています。
          なのでskinny PTは全く穿いてません。

          まあ夏だから、てのもありますけど。。

          そろそろ髪も切りたいです
          刈り上げたとこが伸びてきた・・orz

          とまあこんな感じでお願いしますm(__)m
          更新頻度は下がりますけども。。

          visions of amrica

          0
            久々の更新です^^;

            今日は学校の授業もなく、日曜まで4連休!
            ということで恵比寿の写真美術館へvisions of america part3を見に行ってきました。

            ベトナム戦争,黒人差別など60年代アメリカの政治的なシーンを撮った写真や、チェゲバラJFK,アンディ・ウォーホル,マリリン・モンローのポートレイトなど60〜70’sのアメリカを舞台にした展示。

            参加している写真家もナン・ゴールディン篠山紀信ユージン・スミス,メイプルソープなど滔々たる顔ぶれ。。
            特にゴールディン氏は先日のdior hommeの09SSを写した作品を見て以来、気になる写真家。もはや彼女は大御所ですが、彼女の独特のカラー写真は印象に残ります。

            僕自身、大学の般教でアメリカ近代史を取っていたので、その時の内容(うろ覚えなんだけど^^;)とリンクするモノがあったりして、一写真展としてはかなり興味深く鑑賞できたかな、と思います。
            たとえば、、
            フロンティア神話がベトナム戦争による、反戦気運から疑問視される→60’Sの抵抗運動の写真に表れているなあ。。とか

            まあその般教は落としたんですけどね。。(-_-;)
            学校の授業ってたまには役に立つな、と思った瞬間でした

            オバマ氏のポートレイトもあと何十年かしたら、こういう展示に出てくるんだろうか
            彼は金融危機の当世に現れた初の黒人大統領ですが、なんというか新しい時代が開けてくるのかな、という期待があります。

            観終わった後は、写美1Fのカフェで休憩
            平日の昼だから、かなり空いてましたねー
            なかなか美味しいコーヒー置いてました。今度豆買いに行こう

            でその後は原宿→表参道といういつものルート。
            まずはヘルムートラングへ。
            ボトム中心に、色々試着
            グレーのコーティングパンツがサイズ感イイ!ぴかぴか
            今期のラングもなかなかカッコいいのですが、素材感がいまいち納得できない。
            コーティング系のパンツはとりあえず保留。

            Dior表参道
            やはり今期のdior hommeは素晴らしいです。。
            ただしリアルで着れるか?
            というと全然そうじゃない気がするんですねー・・
            着れるとしてもボトムスとかのシンプルなアイテムかなと。
            あまりにもモード感が強すぎて、今の時代では浮いてしまうという感じがします。
            bruno pietersとかRAF SIMONSもそうだと思う。
            あと5年位経てば、時代が服に追いつくのかな?という感じがします。

            Wut Berlin
            openの日に行きそびれて、今日初めて行きました
            割とかわいいデザインのモノが多かった感じがする
            それはオーバーサイズなスタイリングだったり、スキニーパンツやニットの柄であったり
            買いたい!という衝動には駆られないけど、着てみたいモノが多いです
            1つ持っていたら意外と重宝するかも?的な。
            スタッフの方も気さくでいいお店です

            結局なんも買わなかったのですが、とりあえず近日中にニットは欲しいですね
            寒くなりそうだし
            個人的には、シンプルなブラックのが良いんですが、薄手で程良くタイトでデザイン申し分無いニットほど高いんです
            軽く10万位いっちゃいますからねー・。。
            あとコートとかも必要になりそう。

            なんというか最近モッズコートの流行りっぷりが凄いと思います
            学校でも沢山いるし、表参道にもたくさん・・
            ここまでみんな着ていると逆に着たくなくなるなあ

            足元はブーツインが殆どかなあ
            美容師の人とかはアメカジっぽい感じが多いですねー
            ワーク系のブーツとかチェックシャツとか

            ヒールブーツ履いてる人は今日はあまり見てないです
            僕はdior heelを履いていたのですが、表参道1往復したらかなり疲労が^^;


            なんというか
            とりあえずボトムスから買ってかないとなあ。。
            という感じです
            黒を買うか、他の色狙うか
            まあまた明日探そうかと



            学祭の作品仕上げないと。。

            hanabi@TAMAGAWA

            0



              行って参りました玉川花火大会♪
              まあ予想通り凄く混んでたわけでありまして・・
              セブンイレブンが入場規制するっていう混雑ぶり。。

              まあ花火大会とあればそうなっちゃうか
              とにかくキレイでしたぴかぴか
              やっぱり家のベランダや自室から見るのとは迫力違う!
              友達と騒ぎながら見る方が
              動物をモチーフにした花火も上がってて可愛らしかった揺れるハート
              写真は花火のラストの方です
              ケータイで撮ったので画質がちょっと低いかも。。

              で、最後にfashionネタ
              花火見る前に中目黒へ
              昨年familyが閉店してしまってから、めっきり行く機会が減った中目黒。。
              久々に下車
              サリバンを見てきただけなんですが、なんか値段高ーい笑
              イギリスの生地メーカーの生地使ってるからってジレ63000,jkt115000は無いあせあせ
              良いなあと思ったのは
              二重ラペルのスペンサーJKT
              緑色の糸が織り込まれてるJKT
              位。。

              guillaume lemiel見にRECORD
              アイテムのセレクトが微妙・・
              割とアースカラーの服が多いお店なのでテイストが違うかな、、と思ったり

              もうなんか中目黒には当分行かなそう・・

              講演・・・・by山本耀司氏

              0
                先日(6月4日)、大学主催でのyamamoto yohji氏の講演がありました
                チケット予約しなければ参加できないのかな、と思っていたけど、大丈夫でした
                友達と待ち合わせて、開演1時間半前くらいから座ってました

                講演を聞いてみて・・
                あんなに積極的に参加して夢中でメモった講演は初めてでしたね
                前に、恵比寿のmode planの店長と話した時、yohji yamamotoは特にスタイル良いワケじゃないけど、オーラやばいよって言ってたのは本当でした
                静かだけど人を魅了する感じは、彼の服を見てる感じがして
                彼の言っていた、"人が手作りするものは嘘をつかない"ってのは本当なんだなって思えました。

                耀司さんの話を聞いてショックを受けたのは、エディターやブランドのadを担当される人たちはグランメゾンの犬であるというコト・・
                つまり自由な表現はできないと
                頭ではそう言う事は理解できたけど、憧れてた業界だけに残念でした
                華やかそうなfashion業界だって利益を上げなきゃ成り立たないから、そういうのは必然ですよね・・
                なんだかんだで、金(売上)が一番モノを言う世界ですから・・

                あと日本のfashion業界が停滞しているとおっしゃてたのも少し納得。
                坂部三樹男、堀内太郎とか、新鋭デザイナーが認知度も低くて取扱も殆ど無いのは残念・・
                大手の百貨店は、大きいメゾンに比べ小規模なデザイナーズクローズは知名度や着易さでのハンディがあるから、セールス上のリスクが大きいと思って投資しないんだろう。
                でもリスク侵さなければイイものは生まれないし、日本のfashionはずっとつまらないままで終わる気がします。。
                まあ東京コレクション見ても、いつも同じだなーと思ってそこまで感動しない僕がいうのも何ですが。。・・

                あとyohjiの服に黒が多いのは、ディティール、カッティング、ドレープ、空気の含み方を重視しているうちに色が必要無くなった・・
                という言葉は最高にカッコ良かったです

                前のdazed&confusedでのアンドゥムルメステールへのインタビューでもそのような事が書かれていた気がします
                ブルーノピータースもメンズはディティール命と言ってましたし・・

                それくらい計算されて作られているから、黒でも単調にならないし、美しいんだろうと思う。
                だからクリエイティブであり続けられるのかな。。とも思います

                耀司さんは真にクリエイティブなモノがマーケットを作ると言ってたけれど、
                それはhedi slimaneがやっていたようなカッティングエッジなコトなのか、
                それとも今の不安な時代に対する、古き良き時代への懐古主義的なモノなのか・・
                いずれにせよ全く分からない・・

                僕が思うのは、
                過去にmode界から去ったhelmut lang, hedi slimaneなどのカリスマが、
                彼ら自身のアートワークを世間に発表することによって、なにかしら影響力をもってくるんじゃないかな・。。ということ
                まああくまで僕の勝手な考えですので、誹謗中傷はお控え願います。。笑

                あと耀司さんはファッションはとにかく金がかかるって言ってたけど、
                新人の才能を無駄にしないためにも、経済的なバックアップをする企業が増えてくれたら、嬉しいなーと思います

                とにかく耀司さんの講演はとっても心に残ったし、良い経験になったかな。。と思います。
                改めて、、
                耀司さん、良い講演有難う






                xxxx・・・・更新ッ・・・・xxxx

                0


                  久しぶりの更新ですね
                  アクセス数が逓減してきて、ちょっと危機感感じましたあせあせ

                  今日は最近読んでる本について書こうかなーと思います
                  http://www.amazon.co.jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%81%A7%E6%9A%AE%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%A8-PHP%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%A0%80%E5%B7%9D-%E5%93%B2/dp/4569618065/ref=sr_1_6?ie=UTF8&s=books&qid=1211104437&sr=1-6
                  堀川哲さんの「NewYorkで暮らすということ」
                  という本です
                  とても興味深く、お勧めです!
                  で内容はというと

                  NYって前衛的なartが観れる美術館や高級ブティックが立ち並ぶオシャレな街ってイメージがどうしても強いと思います(まああくまで僕の主観ですが・・)
                  そこで暮らしたら華やかそうだな、とか単純にそこで暮らしてみたいっ
                  ていう願望がありました・・
                  でもそんなのホントに表面で、雑誌等のメディアを通してしかnew yorkを見てない我々日本人の誤解かな、と思いしましたね
                  まあ確かにそういう洒落たエリアはあるんですけどね

                  著者はNYに留学していた方で、その時の著者のnew yorkerに対する生のインタビューが記されています
                  僕が思ってた以上にアメリカは階級社会だというのが率直な感想でした
                  例えばこの本に書いてあったことですが、

                  人種によってコミュニティーが存在して住むエリアも限られてくる
                  4年制大学か大学院を出てなきゃ年収10万ドル以上は無理
                  ロースクール出れば初任給75000ドルであとはトントン拍子
                  逆に高卒だとどんなに頑張っても年収10万ドルはいかない
                  したがって子供を私立に行かせられず、公立へ。大学は経済的に厳しい・・
                  そしたら子供も高卒・・
                  結局子供も格差を引き継ぐ・・
                  要はお金がないと子供への教育が不平等になってしまう

                  まあ上に書いた話はアメリカが景気良かった頃なので、今はまた違うんだろうけど、ロースクール出て法律事務所勤務で後は安泰♪みたいな話があるかは分かりません
                  でも日本も徐々にそうなってしまうのかな・・とも思ったりしましたね
                  しょっちゅう格差、格差とか言ってますからねあせあせ

                  こういう本を読むと学生時代しっかり勉強しなきゃ・・って切実に思います
                  それが未来への投資になる、ってよく言われるし実際そう思います

                  ということでまだ終わってない宿題を片付けに行きます笑あせあせ

                  ではでは

                  ・・・・・4月ラスト・・・・

                  0
                    大学に入ってあっという間に4月が終了。。早1ヵ月って感じです
                    ホント時間が経つのは早いですね
                    この調子だとすぐにGW終了→試験→夏休み・・・→1年終わりー・・
                    みたいな流れになる予感がします
                    ありきたりな言い方かも知れないですけど、一日一日を大切にしながら
                    大学生活を満喫したいっ
                    と思う今日この頃です

                    さて
                    ここ最近はコーデがシンプルになりがちな夏に備えて、ボトム&シューズ探しをしてました。
                    オシャレは足元からってことでトップスはとりあえず後回しです
                    まずボトムから

                    まあ普通にapril77のblackのjoeyを購入

                    普通すぎって思うかもしれないですが、手持ちの黒スキニーは穿きすぎてクタクタだったので追加で購入しました
                    なんとnano universeのメルマガ会員向けにGW中にapril77のスキニーが20%オフっ!!
                    ってことで16800→13440で購入できました♪

                    黒スキニー穿くんなら、足元はシャープにヒールブーツ!
                    といきたいのですがなかなか条件にあうヒールブーツは無いんですね
                    というかメンズでヒールブーツは殆ど無いです・・
                    diorやサンローランは経済的に無理なので古着で探してたんですが・・・・・・・・・・・・
                    ・・
                    なんとっ
                    古着でありました4僖辧璽!!
                    しかもトウの形もシャープなフォルム♪
                    まさか理想のモノがあるなんて思わなくて、お金をあまり持ってきてなかったので取り置きです
                    まあ明日取りに行くんですけど。
                    写真とかは明日upできそうです

                    とりあえずこれからはblack skinny+heel bootsで足元はなんとかなりそうです
                    夏は暑いって??・・
                    夏は何着ても暑いのです笑
                    ・・・ということで
                    トップス買わなきゃなあ

                    ・・・・・・・・・近況報告ー!!!・・・・・

                    0
                      大学の方もそろそろ落ち着いてきて、やっと生活の感じが掴めてきた♪

                      授業は週6で毎日最低1科目必修アリ・・特に語学とか数学は欠席すると痛手被るんで、イヤでも行かなきゃダメなんですよねあせあせ
                      D付けられたくないし
                      でも授業開始は午後からなんで、それまでは原宿とか中目とかうろついたり、家でゴロゴロしたり・・みたいな感じですね
                      あと授業の合間にサークルの部室いってだべったり等など・・
                      それから
                      バイトは今はしてませんねーくもり
                      高校時代ずっとガチでバイトして飽きたのと
                      週6通学でバイトしたら疲労で死にます笑
                      特に虚弱な僕なんか無理ムリ冷や汗
                      というか学校終わってバイトってのがだるいです
                      まだ帰れないのかよ。。みたいな
                      まあ夏冬春の長期休暇の時に短期でバイトとか入れたいなーって感じです
                      きっと夏休みとか膨大な時間があるはずくるりん
                      とまあ自分の近況を書いてみました。。高校の時とかと比べて随分自由に使える時間が増えたなーって思います
                      将来に繋げられるよう色々頑張りたいですどんっ

                      次は服とかの話
                      昨日4月22日に久々に表参道ヒルズのANN DEMEULEMEESTERに行ってきました
                      いつも思うんですが店内の雰囲気が素敵ですぴかぴかお店の空間と服がとてもマッチしてて素晴らしいなーと思います
                      ANNの名作と言われるベルトブーツを試着したんですが、予想以上に素晴らしい・・
                      レザーがとてもしなやかでドレープができて美しい
                      その他、汚れ加工スニーカーやholyプリントのタンクトップなど過去のアイテムが少し復刻されてました
                      ベルトブーツも復刻らしいです
                      自分は今期のアンはまだ何も買ってないのですが、ランウェイで使われてたネックレスが欲しいな〜と思いました♪
                      07SSの数珠ネックレスと合わせて重ね付けしてみたい!

                      次はすごーく久しぶりにコルソコモへ。最後に行ったのは去年の今頃だったかな・・
                      大人っぽくエレガントなアイテムが多かったです。lanvin,balenciaga,maison martin margielaなどなど
                      レディスの方も見たんですが、SLのシャツは男性でも着れそうなモノがあったり、BLESSも置いてありましたくるりん

                      隣のundercoverへ
                      ローカットのスニーカーが可愛かったです
                      色もカラフルで今っぽい気分でしたね。
                      色を使ってるスニーカーは今季押さえときたいので、こういうローカットのスニーカーは結構自分のニーズに合ってるような・・
                      値段も29400で買いやすそうだしどうしようか悩んでます。。

                      とまあこんな感じで見てきたんですが、一番買いそうなのはannのネックレスかもしれません
                      ¥18900だったし、夏は小物命なので持っておいて損は無いかも
                      あとはローカットのシューズですね
                      探さなきゃー汗




                      | 1/2PAGES | >>